注文住宅と建築確認

マイホーム.net
マイホーム.net注文住宅ガイド>注文住宅と建築確認

注文住宅と建築確認について

注文住宅に限らずですが、「建築確認」をとらなければ建物を建てることができません。建築確認の新生と手続き、建築確認代行依頼のポイントなどを解説します。

建築確認申請とは

マイホームを建てるとき、事前に「建築確認申請」という手続きをとる必要があります。建築確認申請とは、建てようとしている注文住宅が「建築関連法令」「都市計画法令」「地方自治体の条例等」に適合している計画であるかどうかをチェックする為の手続きです。
この建築確認が取れない建物は「違法建築」となり、各種住宅ローンなども受けられなくなります。また、建築確認申請に通過しても、申請と異なる住宅を建てるとこれも違法建築となります。

また、工事完了後には「完了検査」という検査も必要になります。このほか、住宅金融公庫を利用している場合は「中間検査」という検査も必要になります。

 

建築確認申請に必要な書類

建築確認申請を行う場合所定の申請書に「建築工事届」「建築計画概要書」「案内図」「配置図」「平面図」「側面図」「断面図」などを添付します。また、一定に規模以上の建築物や構造の場合は、構造計算書や日影図も必要になります。申請場所は、地域の役所(建築課が一般的)になります。

建築確認申請後、チェックを受けて承認を受けた場合(修正を求められる場合もあります)、工事現場に「確認済証」を表示してはじめて着工することができます。

 

住宅における建築基準法などによる制限の種類

注文住宅や建売住宅(ただし、建売住宅の場合は建物構造については一般的にチェックを入れているのであまり問題になる場合はない)における建築基準法などによる建築確認申請に必要なチェック項目の一覧です。

・採光
床面積の1/7以上の窓または開口部。

・換気
床面積の1/20以上の窓またはその他の開口部、24時間換気システム

・日照
日があたる居室が1つ以上

・天井の高さ
2.1m以上

・バルコニーの手すり
手すりの高さが床から1.1m以上

・床の高さ
地盤から45cm以上

・床下換気孔
壁の長さ5mごとに300平方センチメートル以上の換気孔

・階段寸法
1段の高さ23cm以下、水平面の奥行きが15cm以上、幅75cm以上

・傾斜路
勾配は1/8を超えてはならない。また、表面を滑りにくくする工夫が必要

 

注文住宅ガイド

ライフスタイルや家族の希望を反映できる「注文住宅」。間取りの取り方、上手に注文住宅をオーダーする為のコツを解説。

注文住宅の種類
注文住宅と二世帯住宅
注文住宅とプレハブ住宅
注文住宅における敷地活用法
注文住宅の設計依頼
注文住宅と建築確認
注文住宅の図面と見積書チェック
注文住宅と引渡しチェック
注文住宅の費用
注文住宅取得スケジュール
注文住宅の契約・登記のポイント

注文住宅に関する人気の本

 

マイホームTips

マイホーム.netはこれから住宅購入を検討している方のために、住宅購入の基本から覚えておきたい知識などを包括的に解説するマイホーム取得応援サイトです。
>>まずはじめにお読みください

マイホーム.netカテゴリー一覧

マイホームの購入準備
マイホームに関する法律
マイホームの資金プラン
不動産と税金
マイホームのための土地探し
注文住宅の選び方
建売住宅の選び方
中古住宅の選び方
分譲マンションの選び方
リフォームガイド
マイホーム何でも比較ランキング
マイホームTIPS

 

 

マイホーム.netホーム 運営情報 リンク集 お問い合わせフォーム

マイホームの準備/マイホーム購入基礎知識/マイホームと資金プラン/マイホームと土地探し/不動産と税金/マイホーム比較ランキング/
注文住宅ガイド/建売住宅ガイド/中古住宅ガイド/分譲マンション取得ガイド/リフォームガイド/

マイホーム.netはマイホーム購入・不動産購入・注文住宅のアドバイスサイトです。サイト内には住宅建設における法律や条令などについて触れている場合もあり、その正確性には万全を期しておりますが、完全性の保障は致しません。また、法律の改正等により若干情報が古くなっている場合があります。 住宅控除、減税などの金融的・税制の問題に関しては一度専門家にお問合せされることをおすすめします。

copyrights ©2006-2018 マイホーム.net1 All rights reserved.