注文住宅の種類

マイホーム.net
マイホーム.net注文住宅ガイド>注文住宅の種類

注文住宅の種類について

注文住宅は大きく分けて「木質系注文住宅」と「非木質系注文住宅」の二つに分類されます。これらは構造は建物の寿命や高さによって違いがあり、さらにそれぞれを細かく分類する事ができます。

木質系注文住宅の種類と特徴

木質系注文住宅には主に、日本に昔からある「木造軸組工法(在来工法)」と北米から輸入されて日本でも定着しつつある「ツーバイフォー工法(木造枠組工法)」の二種類があります。

木造組立工法(在来工法)

日本で古くから行われている工法の一つで、柱や梁を組み立てて骨組みにしてそこに壁、床、屋根を取り付ける工法で、設計の自由度が非常に高いうえに増改築がしやすい事から一般住宅としては最も普及しています。

ツーバイフォー工法

基本となる木材の断面が2インチ×4インチであることから「ツーバイフォー工法」と呼ばれます。木材を組んだ枠組みに構造用の合板を打ち付けた箱を作りその床や壁そのもので重量を支える工法で、地震に強い工法とされています。
また、ツーバイフォー工法は工期が木造組立工法と比較し手短くて住みますが、設計プランにはやや制約があります。

 

非木質系工法

非木質系つまり、木以外で組み立てられた住宅のことを指します。防火地域・準防火地域では木質系工法の住宅は厳しい制限をうけるのに対して、非木質系工法は防火地域でもあまり考慮する必要はありません。

鉄筋コンクリート工法

鉄筋で柱や梁、壁、床を組み、その周りに型枠を作りコンクリートを流し込む工法のことで、基礎から屋根までを一体で作る事ができます。耐久性に優れていますが、欠点として自身の重量が大きいので基礎工事を徹底する必要があります。

鉄骨造

形鋼や鋼管、鋼板を組み立ててボルトや溶接で骨組みをつくる工法です。軽量かつねばりがあるため、低層〜高層まで様々な建築物に使われています。

コンクリートブロック造

空洞ブロックを積み上げて丸鋼を一定間隔で縦横に組んで補強し、ブロックの空洞にコンクリートを詰める工法の事です。最近は、間仕切りなどにこのコンクリートブロック造を使う手法も積極的に行われています。

 

 

注文住宅ガイド

ライフスタイルや家族の希望を反映できる「注文住宅」。間取りの取り方、上手に注文住宅をオーダーする為のコツを解説。

注文住宅の種類
注文住宅と二世帯住宅
注文住宅とプレハブ住宅
注文住宅における敷地活用法
注文住宅の設計依頼
注文住宅と建築確認
注文住宅の図面と見積書チェック
注文住宅と引渡しチェック
注文住宅の費用
注文住宅取得スケジュール
注文住宅の契約・登記のポイント

注文住宅に関する人気の本

 

マイホームTips

マイホーム.netはこれから住宅購入を検討している方のために、住宅購入の基本から覚えておきたい知識などを包括的に解説するマイホーム取得応援サイトです。
>>まずはじめにお読みください

マイホーム.netカテゴリー一覧

マイホームの購入準備
マイホームに関する法律
マイホームの資金プラン
不動産と税金
マイホームのための土地探し
注文住宅の選び方
建売住宅の選び方
中古住宅の選び方
分譲マンションの選び方
リフォームガイド
マイホーム何でも比較ランキング
マイホームTIPS

 

 

マイホーム.netホーム 運営情報 リンク集 お問い合わせフォーム

マイホームの準備/マイホーム購入基礎知識/マイホームと資金プラン/マイホームと土地探し/不動産と税金/マイホーム比較ランキング/
注文住宅ガイド/建売住宅ガイド/中古住宅ガイド/分譲マンション取得ガイド/リフォームガイド/

マイホーム.netはマイホーム購入・不動産購入・注文住宅のアドバイスサイトです。サイト内には住宅建設における法律や条令などについて触れている場合もあり、その正確性には万全を期しておりますが、完全性の保障は致しません。また、法律の改正等により若干情報が古くなっている場合があります。 住宅控除、減税などの金融的・税制の問題に関しては一度専門家にお問合せされることをおすすめします。

copyrights ©2006-2018 マイホーム.net1 All rights reserved.